« アンドロイドマルチタッチキオスク端末Androidデジタルサイネージ | トップページ | スマホゲームアプリAKB 48音ゲーを大画面で操作 »

2014年4月23日 (水)

スマートフォンOS アンドロイドマルチタッチデジタルサイネージ発売

Skrmulti21kiosk_2

Android22multikisk

21.5インチマルチタッチキオスク端末、46インチAndroidサイネージ機器販売開始

スマートフォンでおなじみのアンドロイドOSを使用したマルチタッチデジタルサイネージシステムを開発、販売を開始する。販売するのは、専用サイネージプレイヤー(Android4.22miniPCマルチタッチドライバー組込STB)とマルチタッチデジタルサイネージ機器のセットで、21.5inch(ワイドタイプFHD)キオスクタイプから32inch~55inchサイズの公共施設向けタイプ、32~103inchマルチタッチ電子黒板タイプまでラインアップが充実している。 スマートフォン、Androidタブレットと同じ操作を可能にする専用セットトップBOXで、フリックはもちろんピンチイン・アウトといった地図アプリには必須な動きをスムーズにこなす。専用のサイネージPCも業務用では最新のJelly Bean (Android4.2) を搭載し、電源自動立ち上げモード搭載・SystemBar+NavigationBar非表示対応、スリープモードキャンセル機構など、OSをカスタマイズしている。Androidアプリを大画面(フルハイビジョン)での操作等に最適なシステムとなります。

AndroidOSマルチタッチウォールサイネージ

http://www.skr-tech.co.jp/BIGandroidTouchsystem.htm

アンドロイドOS駆動マルチタッチ21.5inchキオスク端末

http://www.skr-tech.co.jp/androidkiosk.htm

« アンドロイドマルチタッチキオスク端末Androidデジタルサイネージ | トップページ | スマホゲームアプリAKB 48音ゲーを大画面で操作 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ

キオスク端末